PAGE TOP

シニアがはまる!!クレーンゲームの世界

ゲーム中のシニアの脳波を調べる取り組みを実施

日本クレーンゲーム協会では、クレーンゲームをプレイ中のシニアの脳波を調べる取り組みを実施しました。クレーンゲームでは手先を動かし、頭を使う場面も多いことから、プレイ中に脳波がどのように変化しているか調べることは大事だと考えたからです。
参加者の皆さんは「楽しい」「難しい」「思うように取れない」と話しながら、集中してプレイしている様子でした。参加者の皆さん、ご協力いただきまして、ありがとうございました。

参加者の感想

埼玉県ふじみ野市在住

普段は孫と2時間位クレーンゲームをやりに出かけます。景品の真ん中をつかみに行くとツルツルして、持ち上がっても落としてウワッと悔しさを覚え、なかなか思うように取れず難しかったです。スタッフさんに獲り方のアドバイスをいただき、取れたときはやった!という感じでした。

参加者の感想

埼玉県加須市在住

ほとんどクレーンゲームをやった経験がありませんでした。孫が欲しいという景品の台でチャレンジしてみて、最初は狙いどころや操作のタイミングがなかなかわからず難しかったけれど、途中で慣れました。取れないと残念!取れた時は楽しいし、嬉しい!またやってみたいです。

参加者の感想

神奈川県厚木市在住

普段は孫と1時間位クレーンゲームを楽しんでます。寝不足でちょっと疲れ気味です。最近の台は挟む力が弱いと思います。少しやってみて、取れる・取れないの判断をします。取れなくても、景品が動くのに興奮するし、取れると嬉しい。今回の検査、楽しかったです。

参加者の感想

埼玉県北本市在住

普段から結構クレーンゲームをやります。1000円位使って取れなかったり、難しいと思ったら直ぐに諦めます。狙いを定めてやってみたところ、気持ちとボタンのタイミングがずれてしまう時は、何とも言えない気持ちになります。取れるとやったと思い、取れないと悔しいです。イライラはしません。

参加者の感想

埼玉県上尾市在住

昔からクレーンゲームをやっています。普段は1時間位ゲームをします。今回はレバーでタテ・ヨコ自由に動かせる物をやりましたが、ボタンのより難しいかも。スタッフさんにアドバイスをもらい、おしい場面が何度が続き、最後にやっと取れましたが、快感でした。商品を取出し口から取る時は、嬉しいです。

シニアの間でクレーンゲーム人気が高まっています!

シニアとクレーンゲーム

協会の調査によると、シニアの間でクレーンゲーム人気が高まっていることが分かりました。

日本クレーンゲーム協会の調査によると、60代以上の方の約半数がクレーンゲームに興味があり、一回の平均使用金額は1,000円以内が約7割。クレーンゲームで景品を取る嬉しさ、楽しさも知っており、クレーンゲームが脳の活性化につながるなら、2/3の方がこれまで以上にプレイしたいとのことです。また孫と一緒のプレイが最も楽しい方が7割、プレイ目的も孫へのプレゼントが6割と最も多く、クレーンゲームに孫や家族とのコミュニケーション向上を期待するシニアも7割以上となっています。

アンケート調査結果発表

1.クレーンゲームに対してのあなたの気持ちをお答えください。

60歳以上のシニアの方の中でクレーンゲームにとても興味がある方が9.4%、興味がある方が39.0%で、合わせて48.4%と約半数の方が興味があると回答しています。

2. 1回のクレーンゲームの平均使用金額はいくらですか。

最も多かったのが100円~1,000円位で72.0%。次に1,100円~3,000円位の18.2%、3,100円~5,000円位が1.8%でした。10,100円以上~とれるまで使う方が1.2%と、中には景品獲得に熱を上げる方もいらっしゃるようです。

3.クレーンゲームで景品が取れた時のあなたの心理状態に近いものはどれですか。

最も多かったのが「嬉しい」で71.3%。次に「楽しい」52.0%、「興奮」32.3%、「幸福感」24.0%、「元気」8.6%と続きます。

4.クレーンゲームが脳の活性化に繋がるとしたら、これまで以上にクレーンゲームをプレイしたいと思いますか。

「やってみたいと思う」28.5%と「どちらかといえばやってみたいと思う」38.1%を合わせて66.6%と、約3人に2人の方がクレーンゲームが脳の活性化に繋がるとしたら、これまで以上にクレーンゲームをプレイしたいと考えているようです。

5.クレーンゲームは誰とプレイすると楽しいと思いますか。最もあてはまるものをお選びください。

こちらはやはり「孫」とプレイすると楽しいと答えた方が最も多く、71.7%と他の回答を圧倒しています。次に「子」6.9%、「配偶者」6.9%、「友人」5.9%と続きます。

6.あなたがクレーンゲームをプレイする目的に最も近い物ははどれですか。

クレーンゲームをプレイする目的についても、「孫へのプレゼント」57.1%が最も多いことがわかりました。「景品への魅力(自分自身で欲しいから)」13.8%、「ゲーム性」7.8%の割合から、クレーンゲーム自体を楽しんでいるシニアが多いこともわかります。

7.景品を誰かにプレゼントする為にクレーンゲームの技術を向上・練習したいと思いますか。

景品をプレゼントするためにクレーンゲームの腕を上げたい方は「上手くなりたいと思う」26.9%、「どちらかといえば上手くなりたいと思う」42.4%を合わせて69.3%もいらっしゃることが分かりました。

8.クレーンゲームがきっかけで、孫や家族とのコミュニケーションが増えると思いますか。

クレーンゲームが孫や家族とのコミュニケーション増加につながると考えている方は「そう思う」28.8%、「どちらかといえばそう思う」45.9%を合わせると74.7%で、クレーンゲームへの期待が高いことが分かります。

9.クレーンゲームを上達してコミュニケーションの輪を広げたいと思いますか。

「そう思う」20.5%、「どちらかといえばそう思う」34.7%を合わせて55.2%と、半数以上の方がクレーンゲームの腕を上げてコミュニケーションの輪を広げたいと思っていることが分かりました。

シニアの人気景品ベスト5(ジャンル)の発表

シニア全般の人気景品(ジャンル)

  • ぬいぐるみ
  • フィギュア・プラモデル
  • 食品・お菓子
  • ジュエリー・宝石
  • 生活用品

シニアがプレイしたい景品(ジャンル)

  • 電化製品
  • 地域名産品
  • 食品
  • 宝石
  • 観葉植物

クレーンゲームが上手になりたいシニア

クレーンゲームが上手になりたいシニアとくれ達のメリット

共働き世帯の増加で、祖父母に子育てをサポートしてもらっている家庭が増加しています。そんな中、子供も大人も楽しめ、空調も効いているゲームセンターは気軽に孫と一緒に出かけられる人気のスポットになっています。そこで孫にクレーンゲームの景品をプレゼントして喜ばせることができれば、最高の思い出になります。今回の調査では、景品をプレゼントするためにクレーンゲームが上手になりたい方が69.3%もいることや、クレーンゲームの腕を上げて、コミュニケーションの輪を広げたい方が55.2%と半数以上いることが分かりました。クレーンゲームの景品の取り方を学べて腕を試すことができる、くれ達(クレーンゲーム達人検定)はシニアにとってメリットの大きい検定なのです。

くれ達で腕試し!まずは3級検定に申し込もう!

くれ達(クレーンゲーム達人検定)とは

クレーンゲーム達人検定では、さまざまな講座を受講することでクレーンゲームについて学び、実技テストを通じてプレーヤーとしての能力を楽しみながら測ることができます。受験資格、準備不要で誰でも挑戦できる3級検定は、クレーンゲーム攻略講座を受講いただいた後に、実技試験を行います。

第2回無料シニアくれ達3級検定開催!先着10名様! お申し込みはお早めに!

敬老の日を記念し、シニア向けのくれ達3級を開催。60歳以上なら通常5,000円の検定料が無料です!ぜひお申し込みください!
「第24回くれ達検定3級」
日時:2016年9月19日 10:00~
会場:世界一のゲームセンター エブリデイ行田店