PAGE TOP

クレーンゲームで人生が変わった 代表理事 中村秀夫の歴史

兄弟と違い…不器用な自分!!

中村一家の4兄弟の末っ子として生まれた

明治生まれの祖父母、大正生まれの厳格な父、その父を支える母に育てられた4兄弟は、それぞれ個性豊かであった。小さなころから長女は勤勉。長男は何をやってもリーダーになり何でも出来た。次男はユーモアたっぷりで周りにいる人がいつも笑顔になっていた。自分はというと姉、兄達の様に特に秀でる物は無かったが皆の様になりたいと思っていた事も何度かあった。こればかりは生まれ持った天性であり、どうあがいてもできる事ではなかったが人を笑顔に出来る人になりたいと感じていた。

経営をはじめても同じ悩みにぶつかる

私はお客様と従業員を笑顔にする

商人の家系で育って来た秀夫も例にももれず、28歳の時に埼玉県北本市で家電ディスカウント店の経営を始めた。
OPENしたお店は業績もよく、多くのお客様が秀夫のお店を訪れた。日々寝る間も惜しんで、毎日商品を仕入れて、自らチラシ作成し、従業員教育をしてと必死にやってきた秀夫。いよいよ自分も、これだけ多くのお客様に囲まれているのだから、兄達以上に人を幸せに、笑顔に出来ているのではないかと少しずつ自信を持ち始めていた。

ところがお客様を幸せにし笑顔にするつもりが…

ある日、久しぶりに売り場を客観的な立場で見ながら、お客様の表情を見ていた。
さぞ多くのお客様の笑顔に毎日溢れているだろうと想像していたのだが、残念ながら感じたのは、退屈そうにレジを並んでいるお客様の姿だった。

従業員の顔までも…

確かに当時、地域のどこのお店よりも家電・ゲームソフトを安く提供していた。実際にそれによって多くのお客様に貢献はできていたと思うが、商品を販売するその瞬間は、お客様はお金を支払うというストレスのかかる行為が発生してしまう。その瞬間、お客様の顔は笑顔であることが少なく、無表情であったり、退屈そうな表情であった。かつ、よくよく見てみると従業員の顔も笑顔が少なく、必死に働いているだけに見える・・・。秀夫は愕然とした・・・ようやく自分も兄達のように人を笑顔にできることができていると思っていたのだが、それは自分の思い込みであったのだ。

「創業の理念」と大きくかけ離れていた現実に気付いた

魔法のクレーンゲームとの出会い

秀夫の直観が働いた!!

思えばクレーンゲームとの出会いは偶然だった。
普段はゲームセンターに行かない秀夫だが、休みの日に子供にせがまれて、街の小さなゲームセンターでクレーンゲームを楽しそうにやっている親子の姿を見たことだった。「これかもしれない!!」秀夫の直観は働いた。

ストレスから期待感への変換!!

クレーンゲームは秀夫が今まで悩んでいたことを解決してくれる魔法の機械だった。 お客様はクレーンゲームに100円玉を入れる瞬間、つまりお金を払うというストレスのかかる行為は期待感をもった行為に変換されて、かつすぐにクレーンを操作できる。この操作している瞬間は自分の技術もさることながら、一緒に遊んだ友人や恋人、家族とも楽しむことができる。もちろん、景品をとれたその瞬間は達成感や嬉しさでいっぱいになれる。取れなかったとしても、悔しい!もう一度!とチャレンジ精神が駆り立てられる。そのような仕掛けに満ち溢れた機械だったのだ。

クレーンゲームで笑顔を生み出す!

クレーンゲームを遊ぶ顔は当然、笑顔、笑顔、笑顔!の嵐。そして従業員も楽しく仕事をし笑顔が溢れていた。秀夫はとても感激した。 小さなころから求めていた感覚はこれだ!あまりに嬉しくて、次から次へと一台、そしてまた一台とクレーンゲーム台を増やしてきた。そうして、いつの間にかクレーンゲーム専門のお店が誕生することになった。

後々調べてみると判明したのだが、かの有名なSEGAのUFOキャッチャーの1号機が誕生した年(1985年)は、秀夫と妻の綾子が結婚した年だった。切っても切れないクレーンゲームとの縁はこういうところにも表れているのかもしれない。

1985年3月
中村夫婦結婚式

時代の波に勝てない苦悩の日々

閉店に追い込まれていくゲームセンター・・・
クレーンゲーム専門店は順調に4店舗までお店を増やしてきた。それと同時にお客様の笑顔も、 スタッフの笑顔も増えていった。順調そのものに見えた。しかし、時代は変わり、スマートフォン、オンラインゲームの台頭などの影響で、ゲームセンター業界には逆風が吹き、多くのゲームセンターが閉店に追い込まれていった。

ゲームセンター等の営業所数(推移)

ここでは警察庁がこれまでに発表してきた「警察白書」や「風営白書」を元に、 ゲームセンターの営業所数推移を紹介します。

平成14年から平成25年までの「許可を要しないゲームセンター等」の営業所数が警察庁の資料に無いため この部分のみ総数は「実態調査」より引用しています。

秀夫の経営していたゲームセンターもその逆風に飲み込まれた。徐々に遠のく客足。あれだけ笑顔に溢れていた店内は閑散とし、スタッフの表情も暗く・・・次第に秀夫の心も暗く沈んでいった。 そんな中で起きた東日本大震災・・・。クレーンゲーム台は倒れ、震災後の計画停電などの影響で経営もままならず。その後の電気代の高騰もあり、お店の経営の継続が難しくなった。事実、4店舗あったゲームセンターはたった半年の間に全店閉店に追い込まれた。

秀夫も涙が止まらなかった・・・

あれだけ笑顔を作り出したクレーンゲーム台は、埃がかぶり、駐車場だった場所に行く当てもなく、数百台放置となった。思えば、たった1台からスタートしたクレーンゲーム。集めに集めて数百台。大事に大事につかってきた台達・・・。息子、娘のような台達・・・。
そのクレーンゲームの墓場となってしまったような姿をみた、秀夫の妻は涙が止まらなかった。その姿をみて、秀夫も涙が止まらなくなった。こんなことになるために経営してきたわけではない。

もう一度この台達を輝かせよう!

まだやることがあるはずだ・・・・もう一度この台達を輝かせようと思った。不思議なものである。そうした時にたまたま、埼玉県の行田市にある空き物件を思い出した。その場所は・・・・畑のど真ん中にある場所で・・・かつてはゲームセンターが出店し、撤退してしまったようなあまり良い立地ではなかったが、秀夫は確信めいた思いがあった。
ここなら、再度このクレーンゲーム達に活躍の場を与えることができる。お客様や従業員を笑顔にできると感じ、急いで物件を契約し、破棄寸前のクレーンゲーム台を整備し、設置した。そうしてオープンしたのが、世界一のゲームセンターエブリデイ行田店である。

ギネスは取ったが経営は厳しく

笑顔<粗利益

エブリデイ行田店は今では、経営も安定し、多くのお客様が来店して下さっているが、開店してはじめの2年間は大きな赤字をたたき出した。 クレーンゲーム台を集めたその台数は、世界一としてギネス記録の認定はもらえたはよいものの、時代の逆風の流れは厳しく、さらに高騰した電気代による経営の圧迫に耐えきれなかったのだ。 その中で秀夫の経営方針も揺らいでいく。あれだけ「お客様の笑顔」を作る為にと進めてきた経営も、いつの間にかクレーンゲームが生み出す粗利益にばかり目がいくようになった。不思議なもので、それはお客様にどんどん伝わり、また客足が離れていく。 暗闇に陥ったようだった。

2012年3月3日 ギネス認定

行田店店長の一言で原点に立ち返る

「俺、もっとお客様に笑顔になってもらいたいです!」

五十嵐直也

研修風景

暗闇に陥った秀夫を救った言葉がある。
「俺、もっとお客様に笑顔になってもらいたいです!」
今ではクレーンゲーム名人、日本クレーンゲーム協会のプロ講師として活躍しているエブリデイ行田店店長の五十嵐直也が放った会議の一言だ。秀夫は「はっ」とした。いつの間にか、自分は粗利益ばかり求める経営者になっていなかったか?通常のゲームセンターの経営のように、新しい台を購入するばかりの努力で、接客をないがしろにしていなかったのか?クレーンゲーム台数は世界一だが、お客様の笑顔を生み出した数は世界一なのか?
胸に手を当てて聞いてみると・・・・すべては、NOだった。
もう一度、原点に立ち返ろう。秀夫は心に決めて、再度進みだした。

今ではお客様と従業員の笑顔が溢れる店内!

私たちは、装置産業ではなく、接客業である!お客様に笑顔になって帰って頂こう!

たくさんのお客様があふれる店内

笑顔にあふれるスタッフたち

そうして、ゲームセンターでは異例ともいえる毎月数回にも及ぶ研修を通じてのスタッフ 教育をスタートさせた。


お客様にもっと楽しんでもらうためには?
お客様が困っていることはないか?
お客様を笑顔にできることはないか?


スタッフたちとたくさんのディスカッションを重ねた。日々日々、地道な改善を積み重ねた。
お客様にその思いは伝わるのだと思う。次第にエブリデイにたくさんのお客様が戻ってきた。いや、戻ってきたどころではない、過去こんなにお客様が溢れる店内を見たことがないというぐらいの人が溢れるゲームセンターになった。

もちろん、お客様と従業員の表情は笑顔、笑顔、笑顔!!!!

秀夫は最高に幸せだった。

日本クレーンゲーム協会の設立

クレーンゲームで人生が変わった私に出来る事!

全国のゲームセンターが閉店に向かっている、それと共にクレーンゲーム文化も衰退に向かっている。何とか、貢献できないものか?力になれないものか?
そうして、悩む中で、決めたのが一般社団法人日本クレーンゲーム協会の設立である。今、秀夫は日本中のゲームセンターを活性化し、クレーンゲームの、ブームを再度起こしていきたい。その思いで、日々活動中である。

【記事についてのご連絡・お問い合わせはこちら】

会社名
日本クレーンゲーム協会
メディア担当
中村秀夫
担当携帯
080-6858-9616
担当メール
nakamura@everyday.co.jp
FAX
048-593-0997