PAGE TOP

クレーンゲームの歴史

クレーンゲームの歴史年表

1960年代 クレーンゲームの始まり
Start

クレーンゲームの歴史はテレビゲームより古く、1965年にはタイトーから発売されている記録が残っているほか、同年にはサミーの前身である「株式会社さとみ」もクレーンゲーム機市場に参入しており、1960年代には既に複数のメーカーによる市場が形成されていた。また、手動でハンドルを回すタイプのクレーンゲームは、1930年代にはすでに登場していた。(景品はお菓子)

1965年 クラウン602 / タイトー

1965年
スキルディガ / セガ

1970年
スタークレーン / さとみ

1980年代 各社の有名シリーズのはじまり
Progress

1980年代後半からぬいぐるみ等が景品となり、アーケードゲームが衰退気味となったことから、テレビゲームにかわるアーケードゲームを探していた業界がこれに着目。新型クレーンゲーム機が各メーカーよりきそい合う様に作り始めた。

1985年 UFO CATCHER

1986年
スウィートランド

1991年
CAPRICCIO(カプリチオ)

1990年代 クレーンゲームブームの到来
Boom

1990年頃になると、アンパンマンや、ストリートファイター等の有名キャラクターを用いた専用景品が数々投入され、大ヒットとなった。 種類や質も向上し各景品メーカーがぞくぞくと新商品を発売しはじめた。一般的にも大きくクレーンゲームの存在が知られるようになったのはこの頃で日本の景品文化の始まりである。

1990年 セガ ドリームタウン

1991年
タイトー/カプリチオ

1991年 セガ
NEWUFOキャッチャー

2000年代 クレーンゲーム大会などメジャー化
Major

クレーンゲームの新化に伴いぬいぐるみ景品も大きいものが登場したり、アイスクリームが景品として使える冷蔵機能の持ったクレーンゲーム機などが登場。 また、アミューズメント施設営業車主催による、「全日本クレーンゲーム選手権」が開催される。クレーンゲームの楽しさが日本に普及されていった。

2000年 セガ/UFOプライズステージ

2004年 タイトー
カプリチオG-ONE-HG

2008年 アトラス
トリプルキャッチャー
アイス

2010年代 景品によるクレーンゲームの普及
Vary

ワンピースのキャラクター「エース」の大ヒットにより、クレーンゲーム景品としてフュギィア人気が本格的になる。一般に手に入らない(販売されていない)希少価値の高い商品がぞくぞくと生産されアニメや漫画や映画の景品の人気によって普段ゲームをしない人たちにも普及化される。

2010年
UFO BALANCE CATCHER /セガ

2011年
クレナ2クイーン / ナムコ

2014年
UFOキャッチャー9 / セガ